ロードバイクでおでかけ

ロードバイクでおでかけ

中古のロードバイクを購入するときの注意点

ロードバイクは一般的なシティサイクルと比べると非常に高価で、20万円を超えるものも珍しくありません。少しでも安い車体を探すと中古という選択肢が出てきますが、中古のロードバイクを購入するときには気をつけなければならない注意点があります。
まず、ロードバイクのフレームに使用されている素材です。現在主流となっているのはカーボンとアルミですが、中古の場合はカーボン製を避けた方が無難です。カーボンは内部に見た目では分からない損傷があることが少なくありません。損傷がある車体に乗っていると、負荷が掛かったときにフレームごと破損してしまってもおかしくないのです。
また、走行距離にも注意しましょう。フレームはもちろん、ディレイラーやホイールは走行距離が長くなればなるほど劣化していきます。特にホイールはハブの回転が悪くなったり、振れが出てまともに走れないという状態になることもあるため、場合によっては交換することも必要になるのです。

中古を活用して安価でロードバイクに乗る

ロードバイクは自転車としては非常に高価で、趣味としてロードバイクに乗って週末にサイクリングコースを走る人でも数十万円という価格のバイクに乗っていることが珍しくないほどです。しかし、中古品を上手に活用することで安価でロードバイクに乗ることが可能になります。
まず、車体そのものを中古で購入するという方法です。しかし、好みに合ったものや程度の良いものが常に店頭に並んでいるわけではありません。その場合は、オークションを活用することで選択肢が広がります。
オークションは数多くの出品者が様々なロードバイクを出品しているため、時間をかけて探せば自分に合ったサイズや好みのデザイン、走行距離が少ない車体などに出会える可能性が高まります。
時間をかけたくない場合は、フレームのみ新品で購入し各パーツは中古で揃えるという手段もあります。自転車のパーツはその多くが耐久性に優れており、中古でも問題なく動作することが多いのです。


check

Last update:2018/6/4